五大優位性

(1) 交通状況

武漢市「九省要衝」ばれ、中国「立体橋」となる。交通強国モデル都市、中国内陸部における最大水、陸、空輸送ハブ、中国高速鉄道ネットワークセンター、長江海運センターの中枢でもある

航空:天河空港年間取旅客数3500万人、華中最大航空ハブである天河空港(第三期)完成され、使用されるようになった国際線及び国内線が63ルートがあり、旅客数が262万人に達し、中国中部で第1位である

水運:長江流域最大であり、川からへの直接ルートで外航船乗船でき、世界各地ける。重慶、上海んで、長江三大輸送センターのつである2020年、陽邏国際港コンテナの取扱量193.25万TEU、前年比14.4%増になる

鉄道:中国四大鉄道ハブの1つであり、「高速鉄道の中心」でもある。高速鉄道、全国26省省都直行でき4時間経済圏形成したジンハン(ヨーロッパ)国際貨物線でヨーロッパに直行でき、総出荷量全国2位、復路貨物量全国1位である

道路:高速道路14本武漢交差している

(2) 科学教育の実力

武漢は、中国における三大科学教育の拠点の一つで、学科分類が整えて、科学教育の総合力は全国で3位であり、ハイテク分野で世界をリードしています。

光通信

バイオエネルギー

生物医学

3Dプリント

衛星ナビゲーション

レーザー

世界初の128QLC3次元フラッシュメモリチップ、世界初の超高スループット「ファイアアイ」研究所、世界初の不活化COVID-19ワクチン

フォーブス世界革新型都市ランキングトップ30、武漢12位である

大学が92校、大学生が130万人、世界一

科学研究機関121ヵ所

国家級重点実験室28ヵ所

国家級工程技術研究センター28

中国科学院两院院士75名

国家「千人計画」の専門家464名

ノーベル賞専門家6名


研究環境

武漢は中国における重要な科学と教育の拠点であり、中国における三大人的・知的資源集約地の一つである。2019年、革新型都市イノベーション能力評価報告では、武漢のイノベーション能力5位になり2018年、『ネイチャーという雑誌発表した世界都市研究力ランキングでは、武漢中国4位、世界19位となる。中国科学研究院中国工程院院士68名ある2019年、武漢市R&D支出総額518.62億元(副省級市4位)となりGDP3.20%めている2020年、武漢市ハイテク産業付加価値4032.12億元となりハイテク産業付加価値GDP25.82%めている。武漢市ハイテク企業数6259社(副省級市5位)である。現在、国家級イノベーションプラットフォームが139、国家級創業者育成機構118ある。研究開発機関、産業技術研究所19所、湖北省産業振興コンソーシアムを4所新設した

(3) 堅固産業基盤——武漢製

武漢には工業41産業、38業種があり、集積回路、新型ディスプレイデバイス、次世代情報ネットワーク、生物医学4大産業中国初戦略的新興産業集積(クラスターとしてばれた。「タッチスクリーン端末コアネットワーク」、自動車製造およびサービス、健康関連産業万億レベルに加速、世界最大ファイバおよびケーブルの製造拠点、大小型のディスプレイパネルおよび光電子デバイスの国内最大生産拠点、国内最大ウイルス生産拠点でもある

全力9大柱産業、6大戦略的新興産業、5大将来性のある産業からなる965」産業クラスターを構築、産業変革とアップグレードを加速、高品質開発、産業支援強化する

4大産業中国初戦略的新興産業集積(クラスターとしてばれその数量上海んで1位となる

集積回路、新型ディスプレイデバイス、次世代情報ネットワーク、生物医学

9大柱産業、6大戦略的新興産業、5大将来性のある産業からなる965」産業クラスターを構築する

9大柱産業:「タッチスクリーン端末コアネットワーク」、自動車製造およびサービス、健康関連産業、ハイエンド機器製造業、インテリジェント建設、商業物流、現代金融、環境保護、文化観光。

6大新興産業:サイバーセキュリティ、航空宇宙、航空宇宙情報、人工知能、デジタル創意、水素エネルギー

5大将来性のある産業:電磁エネルギー、量子技術、スーパーコンピューティング、脳科学、深地深海深宇宙。

(4) 対外開放伝統

フランス、米国、韓国、イギリスは武漢総領事館次々設立、武漢海外経済貿易機関21所設立、中国中部1位になる

国際姉妹都市29市、国際友好交流都市84市

フォーチュングローバル500企業のうち300社以上誘致した

2020年、外資実際使用額レベル都市最前線位置する

一類口岸(港)2つあり、臨時的対外開放口岸(港)1つあり、税関特別監管区域3つある。口岸(港)での通関時間半分以上短縮され、通関環境もさらに整備化された

一類口岸(港)

天河空港航空港

武漢港水上輸送港

臨時的対外開放

武漢鉄道中央駅鉄道港(一類口岸(港)相当)

税関特別監管区域

武漢東湖総合保税帯

武漢新港空港総合保税区(一区両園:陽邏港パークと東西湖パーク

武漢経済開発総合保税区

5)生態環境

武漢湿潤亜熱帯モンスーン気候、降雨量、日照量、四季がはっきりしている

平均気温16.8度

最高気温36.4度

最低気温-5.2度

平均湿度76%

最大湿度81%

最小湿度67%

年間降水量1,100ミリメートル

年間日照時間は2,000時間

年間無霜期間240日。

平均標高23.3メートルでそのほとんどが標高50メートル以下

空気質状況:

空気質255日する

空気中塗料侵食する物質はない

酸性雨状況:酸性雨なし

生息状況:鳥生息地ではない

砂嵐、台風、竜巻などの状況:そのような気象災害はない

耐震レベル:強度6度対応

通常の工事期間

梅雨の日数

雪量

年間日数

年間日数

330日

24日

11日

46日

29日

武漢森林まれ、山、川のほとりに位置、長江漢水がここで合流、市街化した区域緑化率38.19%である。武漢市には166、川165あり、総水域面積都市総面積1/4以上めている一人当たりの淡水資源は、中国の主要都市の中で第1位になる。

東湖世界最大都市における内陸湖であり、水域面積33平方キロである。東湖生態系「緑中心」構築、何百ものするしい都市げる。世界級都市绿とされる「武漢東湖绿道」、全長102キロもある

「四種類一括処理」かし、澄んだすこを。洪水防止、排水、下水処理、上水保証という「四種類一括処理」実施する

「大湖+」かし、湖のほとりに特徴的空間げる 「大東湖」、「漢陽六湖」、「東西湖七湖」、「沌口二十一湖」といった生態学的水域ネットワークを構築する