仲裁による契約紛争やその他の財産権紛争の解決

仲裁委員会、当事者間仲裁合意づき、『中華人民共和国仲裁法』規定、仲裁判断うこと。当事者仲裁紛争解決手段とする場合、任意仲裁合意する必要がある。仲裁合意がなく、一方当事者仲裁申請する場合、仲裁委員会はそれを受理しないものとする。当事者仲裁合意締結した場合、一方当事者人民法院訴訟こす場合、仲裁合意無効でない、人民法院はそれを受理しないものとする。仲裁「一裁終局」制度実施、仲裁裁定人民法院最終判決法的効力、一方当事者仲裁裁定履行しない場合、両当事者『中華人民共和国民事訴訟法』関連規定づき、管轄権のある人民法院強制執行申請することになっている。武漢仲裁委員会モデル仲裁条項:本契約起因または関連するすべての紛争、武漢仲裁委員会(武漢国際仲裁センター仲裁申請、武漢仲裁委員会(武漢国際仲裁センター申請当時仲裁規則づき、仲裁、仲裁一裁終局、両当事者法的拘束力がある

本部:武漢市江岸区台北路雲林街67号

電話:027--85711211

オプティクスバレー事務所

場所:武漢市関山大道355号オプティクスバレー新世界ビルA棟7階7-12号

電話:027-87151567

ホームページhttp://www.whac.org.cn