ノービザ入国対象

外国人入国の便利のために、多くの国では相互間ノービザ策を取っている。以下外国人が中国本土に入る場合には、ノービザで入国できる。

1,我国政府相互間ノービザ協定締結されている旅券所持している外国人。相互間ノービザ協定締結されている名簿、中国外交部関連ウェブサイトを参照。

2,経由搭乗券所持すでに経由座席予約されて、国際航空便搭乗、中国経由国境通過、国境通過都市にて24時間以下停留、空港をでない場合、国境通過手続きを免除する。空港れる場合には、辺境検査所停留許可手続きを申請しなければならない。2019年1月1日から、武漢天河国際空港関門一部国(53国)国民して、144時間国境通過ノービザ政策実施する

3,国際航行船舶中国港にて停泊する期間、外国船員およびその同伴家族上陸希望、港都市ない場合、辺境検査所上陸証書申請しなければならない。上陸際宿泊める場合、宿泊証書(港都市以外地方または出国できない除外)申請しなければならない

4,ロシア、べラルーシ、トルクメニスタン、モルドバ国民の団体観光はノービザとなる。

5,普通旅券を所持する日本、シンガポール、ブルネイ三国の国民はノービザで中国にて15日間停留することができる。