対外関係

1992年、国により、川沿対外開放都市許可されて以来、武漢漸次外国人投資のホットランドとなり、2020年末まで、在漢フォーチュングローバル500企業、計306社もあり、仏、米、韓、英などらはそれぞれ、1998年、2008年、2011年、2015年武漢にて総領事館設立した。武漢世界各国および地域との経済、貿易、科学技術、教育、文化などくの分野における交流ごとに強化され、政府、民間および社会団体との親善交流関係非常んでる。2021年6月末まで、武漢市国際姉妹都市関係んだ都市28もあり、日本国大分市、米国のピッツバーグドイツのデュイスブルク、英国のマンチェスタールーマニアのガラツィウクライナのキエフスーダンのハルツームハンガリーのジェールフランスのボルドーオランダのアーネム、韓国清州市、オーストリアのザンクトペルテンニュージーランドのクライストチャーチカナダのマーカムスウェーデンのボルレンゲアイスランドのコウパボグルイスラエルのアシュドッドフランスのエソンヌ県、トルコのイズミルメキシコのティフアナロシアのサラトフチリのコンセプシオンキルギスのビシケクギリシャのハルキスロシアのイジェフスクイギリスのスウォンジーウガンダのエンテベタイのバンコクなどである