歴史沿革

武漢悠々たる歴史、今から8000年ないし6000年前新石器時代早期、中期から、先祖たちはこの河川土地にて繁盛、石器具って上古文明創造した。黄陂区盤竜湖畔位置する盤竜城、商代てられ、今まで約3500年歴史する。東漢末年、江北づいて曲陽県、沌陽県、漢津県、漢陽県(西暦606年)ばれ、江南づいて、汝南県、江夏県(西暦589年)ばれた。漢代以降、南北朝、元、明、清るまで、武漢水陸交通中枢となり、大勢商売人まっていた。明代中期、成化時代、漢陽亀山から長江んでいた漢水主要水路から長江むようになりこれによって漢口しい形成され、武漢三鎮地理的基礎げた。明末清初になると、漢口商業として華中、北京蘇州、仏州「天下四聚」ばれそして、朱仙鎮、景徳鎮、仏山鎮「四大名鎮」ともばれ、「楚中第一繁盛処」となった。清康熙四年(西暦1665年)、清国政府漢陽門下外白鱔廟「常関」けて、国内商取引貨物通過税徴収した。清咸豊七年(西暦1857年)、湖広総督官文さらに宗関(今漢口上茶庵)、漢関(今漢口下茶庵)など10個徴税関門けていた。1858年、「天津条約」締結されてから、漢口対外通商関門となった。1861年3月、漢口本格的対外開放、漢口対外開放後、湖広総督官文清国政府1862年1月1日江漢関設立することを、且翌年から本格的関税徴収した。光緒二十五年(西暦1899年)、漢水以北夏口庁その役所漢口となったよって、漢口漢陽市街地、武昌市街地「三鎮」総称するようになった

1889年、張之洞湖広総督就任すると、武漢にて洋務「新政」実施、工場学校開設、新軍編成訓練、民族工業んに発展され、武漢近代産業発展のために基盤、武漢中国近代産業発祥地つとなるようにさせた。1911年10月10日、資本家階級のリードによる辛亥革命武漢にて爆発され、湖北軍政府設立、中国最後封建王朝転覆した。1926年12月、国民政府武漢、1927年1月、漢口、武昌武漢市合併され、京兆区区画された

1949年5月16日、武漢解放され、武漢市本格的けられた。三鎮合併されて中央直轄市となった。1954年6月湖北省省都となり、1984年5月中共中央、国務院により、経済体制綜合改革パイロット都市、計画単列都市許可された。1986年12月、国務院により、国家歴史文化名城命名され、1992年7月、国務院により対外開放都市命名され、2007年12月、国務院同意、国家発展改革委員会により発行された公文書許可により、武漢都市圏(湖北東部位置する武漢先導として、周辺黄石、鄂州、黄岡、孝感、咸寧、仙桃、潜江、天門などつの都市構成され、土地面積5.78平方キロメートル、人口3200万人、GDP湖北省GDP総量63.25%、湖北省工業農業、交通建設、文化教育精髄部分まっている設立、全国資源節約型環境しい社会建設するために改革試験区総合的支援した。2010年1月、国務院『東湖新技術産業開発区国家自主的イノベーション示範区建設をサポートすることに同意するについての承認』により、東湖高新区中関村国第2番目「国家自主的イノベーション示範区」となり、我国中部地方最初国家級自主的イノベーション示範区でもある。2010年11月、国務院許可により、武漢呉家山経済開発区国家級経済技術開発区へのアップグレードが同意され、2013年3月、国務院承認、商務部同意により、武漢呉家山経済開発区武漢臨空港経済技術開発区改名されよって、武漢市には本格的三大国家級経済技術開発区形成され、三鎮鼎立開発曲面形成した2015年に、国により、「国家イノベーション型パイロット都市」、「全面イノベーション改革試験区」とポジショニングされ、「全国文明都市」称号を獲得した。同年、武漢都市圏最初科学技術金融改革イノベーション試験区許可され、2016年、国務院承認同意により、国家発展改革委員会『中部地方崛起「第13年計画」』発布して、武漢国家中心都市建設らかに支持した。同年、『武漢市により全面的なイノベーション改革試験系統的推進する計画』本格的国務院承認獲得した。6月、国家『長江経済ベルト発展計画要綱』本格的印刷発行され、重点的三大都市群けられ、武漢超大都市になり、内陸開放経済高地となった。2017年、武漢全国文明都市、国家衛生都市光栄称号獲得、再「長安カップ奪取、初回国家食品安全示範都市、中国観光レジャー示範都市当選され、成功裏世界デザイン都市入選され、再C40都市(気候変化、都市炭素低排出への対応国際都市連合組織)「都市未来賞」受賞した。2018年、成功裏全国品質強市示範都市創建、国家越境電子商取引綜合試験区建設、国家のディープサービス貿易イノベーション発展パイロット都市、国家「公共交通都市」示範都市建設などが許可された