自然地理

武漢は「漢」と略称され、一般的に「江城」とも呼ばれ、中国の中心地帯、湖北省の東部、長江と漢水の合流部に位置しており、我が国の歴史文化名城、我が国中部地方の中心都市、我が国中部地方唯一の副省級であり、全国の重要な工業拠点、科学教育拠点および綜合交通中枢、湖北省の省都でもある。地理的位置東経113°41′~115°05′、北緯29°58′~31°22′であり、北亜熱帯季節性(湿潤)気候、一年中降雨量かであり、熱量充足であり、降雨天候同期、冬、夏、四季がはっきりしているなどの特徴がある。武漢市全体土地面積8569.15平方キロメートルであり、市街地面積885.11平方キロメートルである。平面直角座標系において、東西最大距離134キロメートル、南北最大距離約155キロメートルであり、西からいてんでをしている武漢市の最東端は新洲区徐古鎮将軍山村であり、最西端は蔡甸区侏儒街国光村であり、最南端は江夏区湖泗鎮均堡村であり、最北端は黄陂区蔡店郷李衝村である。