中国の京広高速鉄道、北京-武漢区間で時速350キロ運行が常態化

20日、京広高速鉄道の武漢駅のそばを運行する動車組(動力分散式列車)。(小型無人機から、武漢=新華社記者/肖芸九)

【新華社武漢6月21日】中国北京市と広東省広州市を結ぶ京広高速鉄道の北京市-湖北省武漢市区間が20日から、時速350キロ運行を常態化した。これにより、北京-武漢間の所要時間は最短で3時間48分に短縮され、乗客の乗車体験がいっそう向上する。