上空から撮影した武漢琴台美術館 湖北省


4月18日、上空から撮影した、湖北省武漢市の月湖畔にある「銀色の棚田」のような琴台美術館

湖北省武漢市の月湖畔にある「銀色の棚田」のような琴台美術館を4月18日、上空から撮影した。琴台美術館は、武漢琴台中央文化芸術区の重要な構成要素であり、建築総面積は約4万3千平方メートル、国内最大の打放コンクリート単体建物となっている。同美術館の外観は、「連綿と続く起伏ある丘」のようで、屋根は緑と曲がりくねった歩道で覆われており、周囲の自然景観と一体化している。美術館完成後は、武漢の新たなランドマークになるとみられている。武漢琴台美術館はすでに工事品質竣工検収を終えており、一般公開スタートを待つばかりとなっている。中国新聞網が伝えた。